ビブラートができない

ヴァイオリン

「ヴァイオリンを習っている」と知り合いに話すと、けっこうな頻度でこう聞かれます。

左手を動かすそぶりをしならが、「こうやって弾いてるの?」って。

いわゆるビブラートです。

私も習う前は、そういうイメージでした。

しかし、これがとんでもなく難しいことを知りました。

左手中指でビブラートをする時のイメージでは、以下のとおりです。

ドアをノックするみたいに手首を柔らかくします。

手首をノックする側に倒す時は、弦を押さえている中指の第一関節を伸ばす。

次にノックし終えて手首側に手のひらを持ってくる時は、弦を押さえた中指の第一関節を曲げる。

これがビブラート。

ただ、左手をブルブルと動かしているだけじゃなかったんですね。

ぜんぜんできなくて、「もう、ああああああ」ってなっちゃいます。

ビブラートを甘くみていました。

いつになったらできるようになるのやら。

大人になってから始めたので、手首はカチカチコチコチ

それができたらかっこいいなあ。

お風呂の湯舟で温まりながら、手首と指を連動させて動かす練習をするといいそうです。

 

きょうから、公務員科の後期の授業が始まりました。

ワードの授業もあります。

タッチタイピングを覚えるために、左手の薬指や小指、中指を決められた場所に運ぶ練習を繰り返しました。

「手がつる~!」と言いながら頑張る学生を見ながら、私のビブラートの練習と同じだね、って思いました。

習得するまでは、いらない所に力が入ってしまうのですね。

練習あるのみ。

頑張ろう!