潔い!Iさんの運転免許自主返納

まていに

音訳ボランティアグループ「やまびこ会」の先輩のIさんと、音訳の件で久々に電話でお話ししました。

とても生き生きした声は、70代とはとても思えません。

いつも、人生の素敵な歩み方を、さりげなく教えてくださるんです。

ボランティアセンターまでの交通手段の確認をしたところ・・・

明るい声で「運転免許はもう、自主返納しちゃったの。だからバスで行くわ」って。

「ええ?まだまだ、お若いのに・・・。随分早く返納したんですね?」と返すと

「オススメよ! 若いうちだからこそ、バスの乗り方も覚えられるし」って。

Iさんは、返納予定の1年前からバスの路線図を手に入れて、市内のバスに実際に乗って、「車のない生活」に慣らしてきたそうです。

公共交通機関で移動できる自信をつけてから、返納。

だから、返納の切なさはなかったというのです。 

潔さに、敬服してしまいました。

そして、一理あるなあと、納得。

 

私の親戚のおじちゃんは、運転に自信がなくなり車を手放したものの、それまで、バスやタクシーを使うことに慣れていなかったので、外出が億劫になってしまいました。

「一緒にバスに乗って、乗り方を教えてあげよう」と、おじちゃんの兄弟は考えましたが、迷惑な申し出だろうと思い、そっとしておきました。

そうこうするうちに、おじちゃんの腰は90度に曲がってしまい、バスの乗り降りは危険だということになり・・・

「遠くへ行く時は、私の車に乗っていって!」と言っても、「わりーから(悪いから」って遠慮しちゃうし。

 

同じく、一人で路線バスに乗ったことがない親戚のおばちゃん。

市の福祉サービスの一環で、高齢者は市内どこでも一律に安く路線バスを利用できても、一切利用せず、いつも息子を頼っていました。

「バスを使ってみれば」と言うと、

ものすごい即答で「やだぁん!」と。

息子の車でドア・トゥー・ドアの買い物や医者通い。

月日が経ち、足腰が弱った時の気持ちの落ち込み方がものすごかったです。

「自分では何もできない」と切なく涙を流して、かわいそうでなりませんでした。

 

Iさん「絶対、若いうちに返納するのはオススメ!みんなに勧めてるの」と、明るい声で伝えてくれました。

公共交通機関を使うことは、路線や時刻など頭を使うし、緊張もします。

時刻も決められているので、不便さもあります。

その緊張感や多少の不便さを、どの時点で受け入れるか。

考え方って、いろいろあるなあ。

いつもハツラツと元気なIさん、すごいです。

また、いろいろ教えてくださいね。