「終わり」から始まる

ウィリアム・ブリッジズは著書「トランジション」の中で、「終わり」をきちんとしないと、新しい段階へ進めないと述べています。

ウィリアム・ブリッジズは、会社や組織がトランジションをいかに乗り切るかの研究をした人間心理学の先生です。

①「何かが終わる時期」

②「混乱や苦悩の時期(ニュートラル・ゾーン)」

③「新しい始まりの時期」

この3つに分けています。

新しいことにとりかかる時には「終わり」を処理する必要がある。新しく育つものは、古いものでおおわれた場所には根付かない。

トランジション(創元社)P121より抜粋

面白いなあと思いました。

新しいことを始めて上手くいかないのは、そのスタートの問題というより、むしろ「終わり」の問題だと述べています。

「コロナ前」と「コロナ後」

これにも当てはまるなって思いました。

コロナ前に終わりを告げなければ進めないものもある。

今は「コロナ元年」

美しく楽しい新たな時代のスタート!