路地を歩く

まていに

上田駅から学校(上田情報ビジネス専門学校)までは、歩いて約15分。

ひたすら広い通りを北に歩いていくと着きます。

私は、その脇の細い路地が好きです。

その日の気分で、東の路地、西の路地と気の向くままに歩いています。

写真は、何気ない路地ですが、歴史の街を感じる路地で好きな道です。

駅からの上り坂。

時々、子供が坂で遊んでいます。

ここにいると、何か感じるんです。ワクワクとも、懐かしさともいえないソワソワっというか、ほっとするというか・・・

文化人類学者の栗本慎一郎さんは著書の中で、“例えば、昔、人間が蕩尽をしていた場所に立つと、身体がそれを感じる。”といった意味のことを述べられていたのを時々思い出します。

人間の身体の感覚って不思議ですね。

頭で考えるのと違って、「直感」

路地には、昔から暮らしてきた人の息遣いがあります。

路地を歩くと、衰えてきた「直感」が再び元気を取り戻すような感じがして嬉しく思います。