音訳完成!

音訳

県の会議資料の音訳が完成しました!

 

完成まで、何度か複数人で校正チェックをしました。

見落としていた読み間違えが見つかるものです。

一度、思い込んでしまうと、自己校正で簡単に見落としてしまうものです。

 

録音を終えてからも、資料の差し替えもありました。

当然のことです。

会議ぎりぎりまで、最新の情報を盛り込もうとするのは至極当然。

何でも、どんどん、やらせていただきます!!

差し替え前は「〇〇、」と体言止めだった文章が、「〇〇し、」となっていたり、目を凝らして見ないと見落としてしまうものもあります。

きちんと読み替えます。

「意味が同じだからいいじゃん!」はありません。

そのものを音に訳すから「音訳」なのです。

 

読みだけではありません。

DAISY図書といって、お届けするCDは、セクションやページで次にジャンピングすることもできるように編集します。

レベル分けという編集もします。

大項目ごとにジャンピングできるように、大項目はレベル1に。

その中でもジャンピングできるように、その中の項目はレベル2に。

こうした編集作業をします。

 

フレーズの結合もやります。

例えば「資料1 〇〇施策の実施状況について」というのを録音すると・・・

プレクストークという音訳ソフトは、間でフレーズが自動的に分割されるようになっているため「資料1」と「〇〇施策の実施状況」という2つのフレーズに分かれてしまいます。

それではわかりにくいので、1つのフレーズに結合する作業をします。

 

この読みで分かりやすいかしら?

このフレーズは結合したほうがいいかしら?

レベル分けはこれでいいかしら?

 

考えながら音訳を進めると、どんどんのめり込んでいき、時間があっという間に過ぎてしまいます。

お届けする方を思い浮かべながら、喜んでいただきたい想いがつのります。

完成した時は心地よい疲労感と達成感がありました。

恐らく、音訳を聴く方にとっては、改善してほしい点があると思います。

もっともっとスキルアップしていきたいと思います。