どんな風景を思い浮かべる?

呼吸

木島平村で、おにぎりを食べました。

千曲川が流れる谷の方から、ずっと高い私がいる場所へと渡ってきた風は、草の匂いがして、全身を洗い流してくれるような爽やかな空気でした。

思い切り深呼吸しました。

 

先日の授業で、みんなで1分間、静かに心を落ち着けて、ゆっくりと呼吸をしました。

丹田を意識して。

「心が落ち着く景色を思い浮かべてやってみよう!」と呼び掛けました。

何を思い浮かべるか、数人に尋ねてみました。

女子学生:「夜の静かな海で、満天の星空を眺めている自分」

ああ、何てロマンチックなんでしょう!

次に、一人暮らしをしている男子学生に尋ねると・・・

男子学生:「実家です。」

「自然に囲まれているの?」と尋ねてみると・・・

「いえ、家が周りにある場所です。でも落ち着く場所です。」

ああ、何て素敵な答えなんでしょう!

育った場所には、そこでしか感じられない空気や匂いや風の音があります。

それが、心を落ち着けてくれることに気づいていているとは、なんと心優しい学生なんでしょう。

みんなで1分間、窓から美味しい空気を入れながら、静かに呼吸しました。

1分が経過した教室は、清々しい空気が広がっていました。

みんな、どんな景色を思い浮かべたのかな?

頭の中の景色をのぞいてみたくなりました。