人気の外郎売り

伝える

上田情報ビジネス専門学校(ウエジョビ)は、きょうも休むことなく授業でした。


授業では声が出るまでを、少しだけ説明しました。

①吐く息が気管を通過

②声帯を振動

③音の原音「ア」

④口腔内や鼻腔、頭蓋骨、頬の筋肉を使って「顔の共鳴体」で振動させて

⑤体全体に振動波を伝えて拡張

こんなに大変なんですね。

腹式呼吸も、弛緩した体も、表情筋の動きも、どれも大切なのがお分かりかと思います。

そして、学生たちは「外郎売り」に初挑戦!

反応は「楽しい!」「おもしろい!」

去年もそうでしたが、この反応は、意外で驚きました。

言葉の持つリズム、音がからだに心地よいのでしょうか。

ごぞんじないとはもうされまいまいつぶり

つのだせ、ぼうだせ、ぼうぼうまゆに

うすきねすりばち ばちばち、ぐゎらぐゎらぐゎらと

はめをはずしてこんにちおいでのいずれもさまに

あげねばならぬ うらねばならぬと

いきせいひっぱり とうほうせかいのくすりのもとじめ

やくしにょらいもしょうらんあれと

ほほうやまって ういろうは いらっしゃりませぬか

こんな調子で終わります。

上手く読もうなんて考えず、思うままに声を出す。

みんな笑顔で、声を出しました。