そのままのお渡しでいいですか?

まていに

きのうは温かい一日。

午前中の授業で終わった私は、お昼、上田城へ足を延ばしました。

近くの上田市役所に入っているコンビニで、肉まんを購入。

応対してくれたのは、若い女性の定員さん。

私:「肉まん一つください。」

店員さん:「はい。そのままのお渡しでいいですか?」

私:「はい。」

 

PayPay払いで、スマホを操作しながら、定員さんと向き合っている間

頭の中でぐるぐると思考がめぐりました。

(そのままって、まさか、アツアツの肉まんを手に乗せてくれるってことではないなぁ。もちろん紙に包んでくれるよね。いや、もし万が一、そのまま手渡しされたらどうしよう・・・その時に、いえ、やはり袋に入れてくださいと言っても、「そのままでいいって言ったじゃない」と思われちゃうから、今、一応、聞いてみた方がいいかも)

思い切って、切り出してみることに。

「そのまま・・・っていうと?」

その店員さんは笑いながら

「そうですよね(笑) 言い方が悪くてごめんなさい。紙に包んでのお渡しってことで(笑)」

私も思わず笑顔になって、「そりゃそうですよね・・・すみません」

二人で顔を見合わせて笑っちゃいました。

紙に丁寧に包まれたホカホカの肉まんを受け取ると、肉まんに負けないほど、ほっこりとした気持ちになりました。

 

同じやりとりでも、店員さんの返答の仕方次第では、全く違う気分になっちゃんんだろうな、

店員さんと笑いながらやりとりできて楽しかったなあ。

手に乗せた肉まんの温かさを感じながら、上田城へ足早に向かいました。

温かいうちに食べたい!

上田城について、ベンチに座り、色づき始めた木々を見ながらホカホカの肉まんを口に運びました。