目を見ない家族の会話

伝える

ゴールデンウィーク、レストランで見かけた家族。

お父さん、お母さん、子供2人の4人のテーブル。

お母さんとお父さんはスマホに夢中。子供は手にした本に夢中。

食べ終わって、笑顔で食卓を後にする姿は、いたって自然です。

 

小学校の先生をしている同級生が、こんなことを言っていました。

「子供とは長い時間一緒にいる、と胸を張って言うお母さんが、実は、子供の横に座ってスマホをいじっていて、時間だけは長く一緒にいても、子供に向き合っていないケースがある。」というのです。

 

きょうまで我が家を訪れていた義兄は、学校の先生です。

人の目を見て話せない子供が最近、増えているというのです。

人の目を見ると怖いという子供が増えている。

義兄は、その原因は、目を見て話さなくても、家族の会話が成り立ってしまっているからではないか、と言うのです。

親も子供も、スマホに目を落としたまま、

「今日、学校どうだった?」「うん、いつもと変わんない」

話しかけたり、返事をしたり。

その家庭では、目を見ない会話が常態化しているのでは、というのです。

それで、学校で急に目を見て話しなさい、と言われても、怖くなっちゃうだろうと、義兄は言っていました。

 

そう言われて、レストランで見かけた家族を思い出すと、「さあ、行こうか」と、目を見ないで言葉が交わされていたような気がします。

 

「目の所に口があるようなイメージで相手に声を投げかけましょう!」と、授業で伝えていることも、まんざら、無駄ではないのかもしれないと思いを新たにしました。