骨折日記㉓ 手術から7ヶ月

橈骨遠位端骨折

6月9日に手術をして、7ヶ月が経過しました。

今月末、プレートを除去する手術に向けて、きょうから健康チェックが始まりました。

これは新型コロナウイルス対策で実施するものです。

体温測定と、体の症状、行動についてを毎日記入。

ついでに、きょうから飲酒は控えようと思い、ノンアルコールの飲料を買い込んできました。

「控えよう」です。

ワインは、寒い冬には体が温まるので、少しいただくつもりです。

 

7ヶ月たって手首の可動域は、ほぼ骨折前と同じになりました。

15キロのハンドグリップが、前はすごく力まないといけなかったのですが、今は簡単に握れます。

握力の回復も、もともと握力がなかったので、こんなものかな。

 

手術の傷跡は、寒いと、唇が紫色になるみたいに目立ちます。

血行の良し悪しが影響しているのかな。

目立たない時もあります。

でも、また除去手術で傷ができるので、それはあまり気にしないでおこう。

プレートが入っているような感覚は消えません。

除去しても、そういう感覚が取れる訳ではないと説明を受けているので、どうなるのでしょう。

冬場は滑って転びやすいです。

また、骨折なんてことにならないように慎重に。

みなさんも、気を付けてお過ごしください。