彼女との歩き方

まていに

ビジネスシーンでお客様をご案内する時の歩き方を勉強しました。

テキストでは、「お客様の斜め前を歩き、後ろのお客様に意識を持ちながら歩く」、となっています。

こんな質問を男子学生にしてみました。

「彼女と歩道を歩くとき、彼女にどちら側を歩いてもらう?」

この質問の意図は、「決まりだからそうする」というのではなく、「何でそうする」を考えて行動してほしいと思ったからです。

クラスからは、「車道側は自分、そして自分を隔てて車道から遠い方に彼女」という、見事な回答がでてきました。

そうですね、そうすれば、万が一、車が歩道に近づいてきても彼女を守れますからね。

 

その質問を、一人の男子学生にしたところ・・・

「自分の前を彼女!その後ろが自分!」という答えが返ってきました。

「エッ?つまり、一列で歩くってこと?」

するとその学生がこう答えたんです

「はい。彼女はいい香りがするから、後ろで香りを嗅ぎながら歩きたいんです」だって!!

いいなあ、青春って!

このイメージで腹式呼吸の練習をすると、幸せな気分になるかもしれませんね