晴れても良し曇りても良し

あがり症

富山県の宇奈月温泉までのドライブ

上越から行く場合が多いのですが、きょうは、小川村~白馬村~小谷村のルートで。

白馬村は例年より雪が少なくて驚きました。

 

宇奈月温泉は、紅葉の頃とはうって変わって人もまばら。

北アルプスをいつも見る側(長野県側)の反対側から眺めるのは、不思議な感じです。

「西にそびえる高い山」が、富山県に来ると「東にそびえる高い山」

ふと、山岡鉄舟の俳句が頭に浮かびました。

晴れて良し、曇りても良し、富士の山

「富士の山」を、「北アルプス」として考えても同じだと思います。

人前でしゃべることが怖いという学生には、自分が雄大な山になったイメージを持つように伝えたことがあります。

晴れていようが、曇りでいようが、常に堂々と。

どっしりと、勇気を持って進もう!