淡竹(ハチク)と養蚕

まていに

長野市中条の知人の山へ、淡竹(ハチク)採りに誘っていただきました。

竹が生える急な斜面に顔を出すタケノコ

30分ほどで、たくさん採れました。

切り口から、既にみずみずしいタケノコの香り

誘ってくださった知人のお父様にお聞きしたら、この竹林は、随分前からあったそうです。

「昔、蚕を飼っていたから、その道具のためにハチクを植えていたんだ」と。

そうか!

蚕台や蚕籠は、竹が素材。

昔は、養蚕農家が道具の材料の竹を育てるところから、全て自前で作っていたのですね。

自然と共に生きてきた先人たちの営み。

今は、山が荒れないように手入れするのが精一杯だそうで、タケノコを採るのも手入れの一つだそうです。

「どんどん採っていって!」とのお言葉に、遠慮なく、たくさんいただいてきました。

採ったタケノコは、早速、家に持ち帰り、タケノコご飯、煮物、サバ缶と一緒にみそ汁にして、美味しい昼食となりました。

採ってから2時間ほどで調理したので、アクもなく、香りも高く、最高の贅沢でした。