音訳

音訳

配慮が至らず・・・

音訳ボランティアグループ「やまびこ会」が、毎月、視覚障害の会員さんにお届けしている「ボランティアかわらばん」 今回の音訳は私が当番でした。 CDの本編に入る前に「会員さんへのお知らせ」を入れてほしいと依頼されて、連絡事項を吹き...
音訳

家で録音

新型コロナウイルス感染防止のため休止している音訳ボランティアですが、自宅でできることに限って徐々に再開しています。 毎月発行の「ボランティアかわらばん」の音訳を頼まれて、自宅で録音をしました。 それまでは、しっかりと囲まれたボ...
音訳

音訳ボランティアも

音訳ボランティア「やまびこ会」も、新型ウイルス感染防止のため、残念ながら、きょうから活動休止となりました。 「1年365日、毎日」をモットーとしてきただけに残念ですが、仕方のないことです。 視覚障がいの会員さんとのホットライン...
音訳

肉声の朗読が消えていく

きょうの毎日新聞に、「想像の翼広げる肉声の朗読が消えていく 視覚障害者向け音訳ボランティア活動終了」という記事が掲載されていました。 宮崎市の奉仕団体「宮崎点訳朗読奉仕・いづみの会」が高齢化のため、3月末で49年の活動に幕を下ろした...
まていに

たい焼きとこたつ

音訳ボランティアで、新聞に掲載されていた俳句を読ませていただきました。 俳句は、冬の季語の「たい焼き」と「こたつ」の句です。 たい焼きを包む紙袋に、湯気の名残がある情景を詠んだ句。 高浜虚子は、こたつにあたりながら客人を...
まていに

現役の保温ジャー

母が、麹から甘酒を作つくっています。 母は、写真にあるごはんの保温ジャーを今も使っていて、甘酒づくりには重宝しています。 この前、電気釜の変遷を展示しているところをテレビでやっていましたが、これが展示されていました。 ス...
音訳

音訳者にしかできない部分があるとすれば・・・

会議資料の音訳に取り掛かっています。 防音のしっかりとした部屋は集中できます。   自宅で音訳する人もいらっしゃるようですが、生活音を消すのは難しいものです。 車のクラクション、犬の鳴き声などが入ってしまいます。 ...
音訳

色の音訳

音訳のボランティアに行ってきました。 視覚障がい者に向けて、文字情報をお読みすることを「音訳」と言います。 音訳を始めたころ、「色」の情報を伝えていいものか、と迷ったことがありました。 生まれながらにして全盲の方に、色の...
音訳

ボランティア情報音訳

長野市ボランティアセンターで活動する「ながのボランティアかわらばん編集委員会」発行の『ボランティアかわらばん11月号』の音訳ボランティアに行ってきました! 今回は、台風19号の災害のために職員の方も手一杯の中で、発行にこぎつけました...
言葉

姿を消しつつある言葉

音訳ボランティアに行ってきました。 目で字面を追っているのと違って、音訳はきちんと読みと意味がわからないといけません。 「賢夫人」という言葉が出てきました。   「けんぷじん」=賢い夫人 最近は耳にしない言葉...