伝える

あがり症

小さな失敗談

他人の自慢話は面白くないものです。 一番最初の授業で、私は自己紹介をします。 私の恥ずかしい「あがり体験」をお話しすると、とても興味深く聴いてくれます。 失敗談や上手くいかなかった話は興味をひくようです。   ...
あがり症

大きな声が出ない、挨拶できない

大きな声が出せて、人の目を見ることができて、挨拶ができる。 こうしたことに困難を感じている人が、実に多いです。  簡単だ、と思われているだけに、「やる気さえ出せばできる」とも誤解されています。   気合いだけじゃ生...
あがり症

本番があるから真剣になれる

きょうはヴァイオリンの発表会 といっても、コロナ渦なので、大人クラス数人が集まってビデオ収録。 お客さんはいません。 後で先生が、子供たちの発表分も含めてビデオをまとめてくださる予定です。   演奏した曲は「...
あがり症

自分の授業をチェック!

私の授業の様子を、三脚にビデオカメラを据えて撮影する機会をいただきました。 その映像を自分でも見てみると・・・ 自分の姿を見るのは嫌なものです。 やはり、撮影してチェックするのは大切だと実感しました。 気付きがあり...
ワイン

「香ばしい」ってどんな匂い?

小学生の頃、国語の教科書に「きつね色で香ばしい香りがしました」といった文章が出てきました。 教育実習の先生の授業の時でした。 「きつね色」はみんな理解できました。 クラスの誰かが質問しました。 「香ばしい香りってど...
ヴァイオリン

出だしの音

ヴァイオリン教室 「出だしの音」について習いました。 刃先のようにおっかない音でもなく、逆におどおどした感じでもなく、その中間。 ありきたりな言葉を使うと、強過ぎず弱過ぎず。 先生はイメージが大切とおっしゃっていま...

都会と自然 コンパッションと打成一片

一昨日の上田情報ビジネス専門学校(ウエジョビ)での特別講演会。 このことについては、6日のブログでも触れています。 喜多川泰先生の講演での質問タイム。 一人の男子学生からこんな質問がありました。 「私は山登りが好き...

「民主主義的な建築」

上田駅のホームで列車を待つ 枕木の下に敷かれた砂利 建築家の隈研吾氏は、著書「点・線・面」の中で、この砂利についてこう述べています 大地という自然と、車体に乗っている人間との間に、様々な点と線とが介在し、その二つをスムー...

ゆらぎ

ヴァイオリンを習って始めて知ったことがあります。 ドの♯ と レの♭ ピアノでは同じ黒鍵で、全く同じ音です。 でも、ヴァイオリンは違うということを知りました。 ♯は高めに、♭は低めに音を取るので、弦を押さえる左手の...
伝える

早口言葉より難しいこと

私がアナウンサーだった、と伝えると、「早口言葉ができるんですね」と言われることが多いです。 でも、私は早口言葉が苦手です。   しかし、早口言葉より、もっと難しいことは「ゆっくりと語ること」です。 ゆっくり読んでも...