まていに

まていに

そば畑でつかまえて

秋風がそよそよと肌をなでる夕方、松本市の実家の近所を散歩しました。 小学3・4年生くらいの男の子4人が、そば畑の土手で、人差指をたてた腕を真っ直ぐ天に向けて座っていました。 少年たちは、とても気持ちよさそうに風を受けて並んで座...

「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」

紀里谷和明氏の著書「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」をお借りして読みました。 面白すぎて、むさぼるように読んでしまいました。 どんな本かというと・・・ 小説のような、ドキュメンタリーのようなファンタジー? ...
まていに

鬼にならないおまじない

仏像を見るのが好きです。 中でも「鬼子母神(きしもしん)」は、子どもを愛おしく抱きかかえる慈悲深いお姿で、とっても好きです。 東大寺の二月堂にも安置されていました。 きょう、学生に「鬼子母神」について話しました。 ...
まていに

諏訪大社下社 春宮

諏訪大社下社春宮を、念願叶って参拝することができました。 今年、上社本宮、上社前宮、下社秋宮を参拝したので、ここが最後となります。 春宮一の御柱です 雨が少し降って、訪れる人も少なく、木々の匂いに、とても心が落ち...
まていに

諏訪大社上社前宮

諏訪大社上社前宮を初めて訪れました。 御柱の横を清らかな水が流れていました。 きょうも太陽が照り付けて暑い日でしたが、清流に手を入れてみて、その冷たさに驚きました。 水は「水眼(すいが)」の清流と呼ばれて...

遅ればせながら「ファクトフルネス」

去年から話題となっている本「FACT FULNESS」(日経BP社)を、遅ればせながら読みました。 人がいかに、事実を誤って思い込んでしまうかを書いた本です。 知識を常に最新のものにアップデートすることを心掛けるよう訴えていま...
まていに

諏訪大社上社本宮

諏訪大社下社秋宮と上社本宮を参拝しました。 本宮に車を停めた時が、ちょうど正午。 防災無線が終戦記念日の黙とうを呼び掛けていて、神社の方へ向けて黙とうしました。 例年ならば、諏訪湖の花火大会が開かれて大混雑しているはずが...
まていに

ジャガイモ“発掘”とモグちゃん

土曜日、畑のジャガイモを掘りました。 ずっと雨続きで、掘るチャンスを逃していたのです。 もうあと一日、土が乾くのを待って、とも思いましたが、夕立が降るとまたジャガイモが掘れなくなってしまうので、夕方から掘ることにしました。 ...
まていに

特攻隊員だった伯父の遺品

叔母の遺品の片付けをしました。 2冊の手のひらに乗るほどの大きさの手帳が見つかりました。 私が生まれる前に、戦死した二人の伯父が残したものでした。 特攻隊員として戦死した伯父の、出撃前の日課、持ち物リスト、家族の名前・・...
まていに

叱ってもらえるうちが華

ビジネス実務の学習で「叱られ方」も勉強します。 私は、しょっちゅう叱られていた(いや、叱っていただいた)なあ・・・ 数ある中で、今も記憶に残っている叱られたことの一つが、入社間もない頃、私のインタビュー内容でした。 海外...