まていに

寝るほど楽はなかりけり

「寝るほど楽はなかりけり浮世の馬鹿は起きて働く・・・」 義母と布団を並べて寝た時も 母と布団を並べて寝た時も この言葉を言いながら布団に入る親たちって、同様にいい表情するんだなあ、って思っていました。 義母も母も、...

ゆらぎ

ヴァイオリンを習って始めて知ったことがあります。 ドの♯ と レの♭ ピアノでは同じ黒鍵で、全く同じ音です。 でも、ヴァイオリンは違うということを知りました。 ♯は高めに、♭は低めに音を取るので、弦を押さえる左手の...
まていに

世界最大最古?のピラミッドへ

長野市松代の皆神山 いつも遠くから眺めるだけでしたが、コロナ渦の今年ならではの、「地元めぐり」です。 おにぎりを持って麓から歩いて登ろうと思いましたが、クマが出そうな感じだったので、車で山頂へ。(次に尋ねる時は、クマよけの鈴を...
ヴァイオリン

習得術を変更!

大人になって習い始めたヴァイオリン ご指導いただいている先生は、スズキメソードの先生です。 スズキメソードは、「小さい子どもが言語を習得するのと同様に、ヴァイオリンも習得できる」、こうした考えのもと、耳から入ってきた音をヴァイ...
音訳

音訳完成!

県の会議資料の音訳が完成しました!   完成まで、何度か複数人で校正チェックをしました。 見落としていた読み間違えが見つかるものです。 一度、思い込んでしまうと、自己校正で簡単に見落としてしまうものです。  ...
まていに

市長の「元気玉ドカーン」

長野市の加藤久雄市長が、毎朝、市役所の上の階のテラスから、長野市民に向けてエールを送っているというNBSさんのニュースを見ました。 台風の被害に苦しむ市民に向けて「頑張れ!」と大声でエールを送ることを日課としていらっしゃるそうです。...

「終わり」から始まる

ウィリアム・ブリッジズは著書「トランジション」の中で、「終わり」をきちんとしないと、新しい段階へ進めないと述べています。 ウィリアム・ブリッジズは、会社や組織がトランジションをいかに乗り切るかの研究をした人間心理学の先生です。 ...
音訳

県会議資料の音訳と外郎売りの成果?

今月開催される「長野県障がい者施策推進協議会」の会議資料の音訳に取り掛かりました。 音訳を任せていただいたことに、責任とやりがいを感じています。 会議に出席する委員さんへは、資料を数日前にお渡しして、目を通していただいてから会...
まていに

そば畑でつかまえて

秋風がそよそよと肌をなでる夕方、松本市の実家の近所を散歩しました。 小学3・4年生くらいの男の子4人が、そば畑の土手で、人差指をたてた腕を真っ直ぐ天に向けて座っていました。 少年たちは、とても気持ちよさそうに風を受けて並んで座...

「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」

紀里谷和明氏の著書「地平線を追いかけて満員電車を降りてみた」をお借りして読みました。 面白すぎて、むさぼるように読んでしまいました。 どんな本かというと・・・ 小説のような、ドキュメンタリーのようなファンタジー? ...