アルパカと「今、ここ」

まていに

クリスマスイブの日、富士見町にある八ヶ岳アルパカ牧場へ行ってきました。

お目当ては、アルパカレース

4頭のアルパカが200メートルほどの距離を疾走?するレースです

馬券ならぬ「パカ券」は1枚500円。

当たらなくても売店で円相当500の商品と引き換えることができます。

当たれば1,000円相当の商品と交換ができる。

私は「エスペランサ」ちゃんに500円!

 

いざ、ゲートが開きました。

一番小さいけど、年長のポコちゃんが、パカパカと疾走。

エスペランサちゃんはじめ、後の3頭はマイペース。

ポコチャンぶっちぎりの1位か!

と、誰もが思ったその時・・・・

何と!

ゴール2メートル手前で、ピタッとポコちゃんの足が止まり、

エスペランサちゃんが、ノロノロと追い抜き優勝!

もう、楽しいレースに寒さも忘れて大笑い!!

私のパカ券は1,000円分の商品と引き換えることができました。

 

それにしても、なぜ、ポコちゃんはピタっと止まったのか。

「止まりたかったから」

ポコちゃんに尋ねることはできませんが、きっとこう言うんじゃないかな。

 

ちょうど私は「ぼけと利他」(伊藤亜紗・村瀬孝生:ミシマ社)を読んでいました。

「利他」の問題を考えるときに、お年寄りとかかわることは究極な感じがしています。自分が働きかけてもフィードバックがいまいちわからなかったり、違う形で返ってきたり、・・・(続く)

こんな伊藤亜紗さんの問い掛けから始まるお二人の往復書簡。

アルパカ牧場のアルパカたちを見ていると、この本の言わんとすることとかなり共通項があるなと、私の頭の中でピピピと繋がっていきました。

私たちの会話は、話の終着点にたどり着こうと向かっています。

ぼけのお年寄り同士は、話の終着点にたどり着かなくても、それをそのまま受け入れる。

(この本では、認知症とは言わず「ぼけ」と言っています。その理由もとても腑に落ちることが書かれていました。生まれたての赤ちゃんに、歩けないからと言って治療を施すことはしない、お年寄りがぼけるのも同様に病気ではないのだ)

アルパカが、なぜ止まるか、なぜ進むか、そんなことを考えているわけではない様子がダブります。

本では、こんな事例が紹介されていました。

頭の硬膜下血腫の手術痕が穴のように残るMさん、それが気になったKさん、Sさん、3人のおばあちゃんの会話が紹介されていました。

Kさん「わたしゃ、ずいぶんと前から気になっとったんですがねぇ、あなたの、その穴はなんですか」

Mさん「ああ、これですか。まず、綿を詰めます。そして、種を埋めます」

Kさん「そうですか」

Mさん「そして、水をやります」

Sさん「わたしゃ、前々からあの緑がよかと思いよった」

Sさん「やっぱり、緑はよか」

Kさん「ああ、そうですか」

この、のんびりとした感覚がいいなあ。

目的を持って会話するんじゃない、時と場所を共有ための会話。

 

誰かのためにした行為が、相手の反応によっては、「せっかくしてあげたのに」という感情につながってしまうことがあります。

ぼけのお年寄りの介護は、「誰かのため」が一筋縄ではいかない。

そこから「利他」について考える本です。

 

話はアルパカに戻します。

アルパカ牧場のスタッフの方たちは、皆さん、とても明るくて優しくて、たくさん声をかけてくださいました。

手を見ると、寒い場所でのアルパカの世話で荒れていました。

私たちを笑顔で迎え入れてくれるスタッフの方たちのおかげで、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

アルパカは悟りの境地なのか・・・

「今、ここ。それが大事。」

アルパカに言われたような気がしました。