18歳で気づくなんて勝ち組だよ

あがり症

私が元あがり症で良かったと、こんなにも思うことはありません。

それは、あがり症の辛さを共有できるからです。

私が上田情報ビジネス専門学校(ウエジョビ)で「自己表現」の授業を進める中で、それを感じています。

世間一般と同じように、あがり症で悩む学生が多いです。(ほとんどです)

私は、学生たちと同じ18歳くらいの時には、あがり症を自覚することはありませんでした。

そういうシチュエーションに遭遇しなかっただけです。

でも、学生たちは、この若さで自覚しています。

若いうちに自覚できただけで「勝ち組」です。

 

あがり症をごまかしながら、大人になって苦しむ人。

無自覚のまま大人になって、あがり症を発症する人。

そにうした大人に比べると、学生たちは、若い今、乗り越えようとしているので、「勝ち組」です。

私はあがり症克服協会から、たくさんのことを教えていただきました。

協会が掲げる「世の中から、あがり症で苦しむ人をなくす」という、ぶれない気持ちは、私も一緒です。

一歩前へ進もうと、背筋を伸ばして、発声練習や腹式呼吸に懸命に取り組む学生たちの素直な姿に、「元アガリスト」の私は、きょうも、ジーンとしてしまいました。