伝える

「声のチューニング」

「自分の声」って、どれだろう? 悩み続けてきました。 最近、いろんな声があっていいんじゃない?、いや、むしろ多様な声が出せる方が大切ではないか、と思うようになりました。   今の子どもたちの話を聴いていて、いちばん...
音訳

力まずに読む

ここ数日、県の会議資料の音訳に携わっています。 昨日の日曜日は、朝から深夜までマイクに向かっていました。 夕飯の時間も忘れて、気づくとテッペン(日付変更の0時)手前。 他の音訳者と分担し、完成した音訳は4時間超。 ...

寛容

私の「容子」という名前 幼少の頃、父に「どうして容子って名前をつけたの」と訪ねました。 「誰でも読めて、左右対称だから」と、なんとまあ、父は正直すぎ! 何か意味があってつけたと思っていた私は、がっかり。 そこで、「...
言葉

マクロン大統領の言葉

フランスの19歳のハイジさんが、マクロン大統領にあてた手紙が、反響を呼んでいます。 私も読みました。 美しい書き出しです。 辻仁成さんの翻訳から、その美しい言葉を少し書き写してみます。 私は今、19歳。自分が死んで...
あがり症

小さな失敗談

他人の自慢話は面白くないものです。 一番最初の授業で、私は自己紹介をします。 私の恥ずかしい「あがり体験」をお話しすると、とても興味深く聴いてくれます。 失敗談や上手くいかなかった話は興味をひくようです。   ...
まていに

プリムラ

去年2月の「ナイスハートバザール」で購入したプリムラが、花を咲かせました。 フリージアに似た、とてもいい香りがします。 夏を越して、花を咲かせてくれて、嬉しくて、毎日、つぼみが開くのを見ては「咲いたね~。かわいいね~。」と、話...
ワイン

ECHEZEAUX

今年の初ワインは、モンジャール ミュニュレのエシェゾー2003 デキャンティングしたときの、華やかな香り。 2003年からずっとこの時を待っていたワインとご対面!といった感激がありました。 滑らかな舌触り。 ...
まていに

今年もよろしくお願いします

新しい年を迎えました。 長野市は朝から雪。 午後になって雪がやんだので、善光寺までお散歩。 参道まで行きましたが、混んでいたので本堂のお参りは後日。 釈迦堂で手を合わせて帰ってきました。   2021年...
まていに

小布施で美しい虹が出ていました。 空は雲で暗いのに、西日を正面に受けた雁田山だけが光り輝いていて、その手前に虹が出ていました。   前の職場に楽しいカメラマンさんがいました。 美しい虹が出ていたので撮影しようと、カ...
ヴァイオリン

ちっちゃなヴァイオリニストたち

雪が舞う寒い冬の日となったきょうはステイホーム 動画サイトで、日本の二人の少女のヴァイオリン演奏を観ていました。 すごすぎる! 目を閉じれば、プロの大人が演奏していると思います。 村田夏帆さん 吉村姫鞠さん ...